Xcode4.3のインストール手順

目次

  • 概要
  • 前提条件
  • Xcodeのインストール
  • Dockへの登録

【使用方法】
・ここをクリックすると、以下の全ての項目を開いたり閉じたりします。
  [Click here to Open/Close for all steps]
・以下の項目のタイトルをクリックすると、そのStepを開いたり閉じたりします。

1. 概要

当スクールのiPhone講座では、Xcode4.3を利用して学習を進めます。
Xcodeのバージョンがこれより古い場合は、Xcode4.3のインストールが必要となります。
ここでは、お使いのMacにXcode4.3をインストールする手順を説明します。

■Xcodeとは
Xcodeとは、iPhone、iPod touch、iPad、またはMacのアプリケーションを開発するための統合開発環境(IDE)のことです。
Xcodeをインストールすると、iOSシミュレータやiPhone SDK等のツールも一緒にインストールされます。

※当スクールのMacは、既に環境構築が完了しています。当スクールのMacを利用する場合には、この手順をご覧頂く必要はありません。
ご自宅などで環境構築を行う際にご利用下さい。

ページの先頭へ

2. 前提条件

Xcode4.3をインストールするには、以下の前提条件を満たしている必要があります。


■OS X Lionがインストールされていること
Xcode4.3をインストールするには、OSが「OS X Lion」である必要があります。

■Apple IDをお持ちであること
Xcodeは無料のアプリケーションですが、ダウンロードするためにはApple IDが必要となります。Apple IDをお持ちでない場合は、こちらの手順を参照し作成して下さい。

■インターネットへ接続していること(ブロードバンド接続推奨)
Xcodeは、AppStoreからダウンロードして入手しますので、Macがインターネットに接続している必要があります。パッケージのダウンロードサイズは1.43GBもあるので、ブロードバンド環境であることが推奨されます。

3. Xcodeのインストール

App StoreからXcodeをダウンロードして、インストールを行います。

①App Storeを開く

Xcodeは、App Storeからダウンロードし入手します。
まずはじめに、App Storeを起動しましょう。

■App Storeとは
MacのApp Storeは、Mac OS X Snow LeopardからOSに付属するようになったアプリケーションのことで、Mac用のアプリケーションをダウンロード販売しています。
iPhoneやiPad向けのApp Storeというものもありますが、それとは異なります。
ここで言うApp StoreとはMacのApp Storeのことを指しますので、注意してください。

App Storeを起動するには、「App Store」アイコンをクリックします。
Dockにある場合は、そちらをクリックします。
見当たらない場合は、Finderから「アプリケーション」フォルダを開き、アイコンを探します。この場合は、アイコンをダブルクリックする必要があります。

下はMacの画面の一例です。
(アイコンの配置や壁紙の画像等は、環境により異なります)

■「アプリケーション」フォルダが開けない場合
Finderが最前面に表示されている状態(アクティブ)で、画面上部のメニューバーの「移動」>「アプリケーション」をクリックすると、ウィンドウにアプリケーションフォルダが開きます。
※Finderが最前面に表示されている状態では、メニューバーに「Finder」と表示されます。 表示されていない場合は、FinderアイコンかFinderのウィンドウをクリックします。

 

②App StoreからのXcodeのダウンロード

検索語句入力エリアに「Xcode」と入力し、enterキーを押します。

検索結果が表示されます。
この中から「Xcode」を探して、「Xcode」のページを開きます。

Xcodeの詳細ページは以下のようになります。
「無料」と表示されているボタンをクリックすると、「Appをインストール」という表示に切り替わります。
(環境により表示が異なる場合があります)

「Appをインストール」ボタンをクリックし、Xcodeのダウンロードとインストールを開始します。

インストールを開始するには、お使いのMacの管理者権限を持つユーザ名とパスワードを入力する必要があります。
※パスワードの入力は、(パスワードが設定されている場合に限ります)
ユーザ名とパスワードの入力後、「ソフトウェアをインストール」をクリックして下さい。

Apple IDのログインを行っていない場合に限り、続けて下のようなウィンドウが表示されます。
この場合は、Apple IDとパスワードを入力した後に、「サインイン」ボタンをクリックして下さい。

③インストールの開始

インストールが開始されると、Launchpad(ランチパッド)というアプリケーションが立ち上がり、Xcodeのダウンロード状況が画面に表示されます。
LaunchpadのXcodeアイコンの下、またDockに表示されているLaunchpadのアイコンの下に、ダウンロードの進行状況が表示されます。ダウンロードサイズは1.43GBです。
ダウンロードが完了するまで、何も操作をせずにお待ち下さい。

■Launchpadとは
Launchpad(ランチパッド)とは、Macにインストールされているアプリケーションアイコンを一覧表示できる機能です。
OS X Lionから利用できるようになったアプリケーションで、OSと一緒にインストールされます。
iPhoneやiPadのホーム画面のような機能で、Launchpadを利用することで使いたいアプリケーションを素早く起動できます。
Launchpadを誤って削除してしまった場合は、MacのApp Storeから無料で再インストールすることができます。

 

④Xcodeの起動確認

Xcodeのインストールが完了したら、Xcodeを起動してみましょう。

■Xcodeのインストールが完了したかどうかの見分け方
Xcodeのインストールが終わると、Launchpadのアイコンの下の進捗状況表示が消えます。
下の左は、Xcodeがインストール中であることを表しています。右は、インストールが完了した状態です。

下は、Xcodeのインストールが完了している場合のLaunchpad画面です。
Xcodeのアイコンから進捗状況表示が消え、アイコン名が「ダウンロード中...」から「Xcode」に変わっています。

Launchpadを利用していない場合、Xcodeのインストールが完了したかどうかの確認は、アプリケーションフォルダを開いて行います。
Xcodeのアイコンの下に進捗状況の表示がなければ、インストールが完了していることになります。

■Xcodeの起動
LaunchpadのXcodeアイコンをクリックするか、アプリケーションフォルダ内のXcodeアイコンをダブルクリックすると、Xcodeが起動します。
使用許諾契約への同意を確認する画面が表示されたら、内容を読み、「同意する」を選択して下さい。
下のような「Welcome to Xcode」のウィンドウが表示されれば、Xcodeのインストールは正常に完了したことになります。
(表示内容は、環境により多少異なります)

上のような画面ではなく、下のような画面が表示されても、Xcodeのインストールが正しく完了していることを表しますので問題ありません。

■古いバージョンのXcodeの削除
Mac内に古いバージョンのXcodeが存在する場合は、「Remove Older Xcode Tools」という画面が表示される場合があります。
削除したいバージョンのXcodeを選択し「Move to Trash」ボタンをクリックすることで、古いバージョンのXcodeの削除を行うことができます。削除は任意で、古いバージョンのXcodeが残っていても問題はありません。

以上で、Xcodeのインストールは完了です。

4. Dockへの登録

最後に、今後Xcodeの起動を簡単に行うために、XcodeアイコンをDockへ登録しましょう。

①Dockに追加

Xcodeを起動すると、Dockにアイコンが表示されます。
※ Dockには、登録されているアイコンに加え、起動中のアプリケーションのアイコンが表示されます。

Dockに表示されたXcodeアイコンを右クリックし、「オプション」>「Dockに追加」をクリックします。
これで、XcodeアイコンはDockに追加されます。

②Dockに追加されたかどうかの確認

Xcodeアイコンの右クリックメニューのなかにある「終了」をクリックし、Xcodeを終了させます。

Xcodeアイコンの下に表示されていた丸い印が消え、なおかつDockにアイコンが表示されたままであれば、XcodeアイコンがDockに登録されたことになります。
Dockに登録すると、Dockにアイコンが常時表示されます。

■Dockのアイコンの下についている丸い印
Dockのアイコンの下に、丸い印がつくことがあります。
この印は、アプリケーションの起動と同時につき、そのアプリケーションが実行中であることを表します。
アプリケーションを終了させると、丸い印は消えます。
MacはWindowsと異なり、アプリケーションのウィンドウを消去してもアプリケーション自体は終了しないことがあります。そのため、このようにして起動中のアプリケーションがわかるようになっているのです。

以上で、「Xcodeのインストール手順」の説明を終わります。

免責について

当サイトの各コンテンツ内容を保証する義務等は負いません。
また、当方は、いかなる損害賠償等の法的責任は一切負いませんので 予めご了承願います。